2011年10月31日

消防団へは絶対に加入すべきではない。

地方の田舎へ移住すると大抵、自治会加入のお誘いの次にやってくるのが「消防団」へのお誘いである。「消防署」じゃなくて、「消防団」。英語で言うと「ファイアボランティア」、そう、消防団というのはボランティアなのである。

田舎へ移住すると、消防団へ転入者を強引に加入させようとする変な地元住民がいるのだが、彼らは意識的か無意識的かに関わらず、お役人からの指令で動かされている。仮面ライダーでいうところのショッカーみたいなもんだな。この指令は、総務省→役場→消防団という経路で下されている。

総務省は、消防系の予算を税金から引っ張るためと、タダで危険な活動をやってくれるボランティア人材が欲しいため、配下の役場に人を集めてくるように命令を下す。役場は、地方自治体の予算を仕切る総務省の意向には逆らうことができず、さらに自分の配下の自治会などに人材の確保を命じる。で、そのしわ寄せが地元住民にまで降りてくるという残念な仕組みである。

役場はあれやこれやと消防団の重要性を唱えるが、結局は自分たちがやりたくないしごとを住民に押し付けて、総務省にご機嫌をとっているだけのことである。田舎の弱小自治体にとって消防関係の予算も、職員たちの給与を確保するための貴重な資金源だからね。

でもこれだけだと地元住民が熱心に勧誘してくれない。そこで役場は、シモベである自治会を使って消防団員に餌をばらまく。その餌とは、消防団への補助や、募金活動の権利である。募金というのは大抵、非常に曖昧な会計処理が行われるものだ。裏金としては最高の勘定科目である。その消防団が集金した募金や役場が注入した補助金が、ろくな用途に使われていないのは今や常識である。その用途というのは主に、研修と称した風俗旅行費やコンパニオン代である。

では消防団が実際に活躍しているかというと、ほとんどしていない。彼らがやることといえば、伝統芸能に近い消防団の演技大会に向けた練習くらいなものである。そんなものは緊急時には何の役にも立たない。しかも彼らの多くは昼間サラリーマンをやっているので緊急時に招集できるはずもなく、これまた全く役に立たない。

そもそも消防活動というのは本来、消防団などではなく、消防署の仕事である。それでもあえて総務省が消防団などという無駄な組織を作っている本当の理由はただひとつ、いわゆるハコモノ行政で国民から税金を貪りたいからである。

そういうことなので、移住者の諸君、、、

地元の消防団への加入のお誘いは絶対に断るべきだし、消防団への寄付のお願いなんかもきっぱりと断るべし。

この世知辛いデフレ社会で楽しく生き抜くためにも、消防団に支払う無駄なお金や労力は是非とも節約しましょう。


--
人気ブログランキングへ

posted by プロ暇人 at 11:10 | Comment(7) | TrackBack(0) | 自治体と上手に付き合う

2011年10月29日

自治会や町内会には絶対に加入しない方が良い

田舎に移住すると、まずやってくるのが自治会への加入のお誘い。
自治会は、どんなに田舎でも、ちょっとした集落があるような地域なら必ずと言ってもいいほど存在する。都会だと最近は自治会の無い地域も多いけどね。

でも結論から言うと、自治会なんかには絶対に加入しない方が良い。
デメリットばかりでメリットはほとんど無いから。

★自治会ってそもそも何?

自治会というのはズバリ、役場が自分たちの仕事を住民に丸投げするための組織である。役場の息が掛かっていない自治会を探すのは難しいくらい。自治会のない地域には役場が住民に補助金などをチラつかせ、せっせと自治会結成を煽っている。
自治会を結成してしまったら最後、自治会に加入した住民は、雀の涙のような微々たる補助金を餌に奴隷扱いされる。例えば具体的に言うと、自治会に加入した住民は、自治会費を払わされているにも関わらず、町内の清掃や草刈り、募金活動と称したカツアゲ集金活動などに労働力まで要求されるのである。それらの仕事は本来納税者から税金を徴収している役場がやるべき仕事であるにも関わらず。これでは完全に罰ゲームである。

一方、役場はというと、自治会に負担を押し付けることで浮いたお金を自分たちの高給や高待遇の維持に使えてウハウハなのである。

★自治会の裏話

ほとんどの自治会の運営は非常にいい加減、テキトー。特に金銭面の管理は最悪な場合が多すぎる。私はこれまでに十回以上、日本各地を引越しをしてきたからわかるんだけど、行く先々で必ずといっていいほど、過去に自治会で金銭的なトラブルが発生したという話を聞かされる。もううんざりである。

どこの地域も凡そトラブル内容は似たり寄ったりで、地域のボス猿が自治会の会費を私物化、横領したという話が殆ど。ボス猿はその地域で個人商店を営んでいて、地域の集会や祭りの度に自治会はボス猿の店からバカ高い値段で賞味期限切れの食品や飲み物を購入させられているのだ。酷い例だと、ボス猿が自治会の銀行口座から勝手に預金を抜き出し、私的流用していたという話も聞いて呆れたものである。ギャンブルや消費者金融への返済の穴埋めにしていたという話も聞かされた。

なぜ自治会ではこのような丼勘定が許されているのかずっと不思議だったのだが、後々話を聞くと、地域のボス猿の多くは自治体の首長の親戚や関係者というパターンが非常に多いことがわかり、そこで初めてナルホドねと合点がいった。

★自治会にまつわる迷信

よくありがちなのが、「自治会費を払わないとゴミ捨て場が使えない」とか、「広報を回さない」という、自治会を正当化するための嘘。たとえ自治会が存在しなくても、役場は住民のゴミを回収する義務があるし、広報を各家庭に配布する義務もある。役場が自治会にやらせている仕事というのは、たとえ自治会が存在しなくても本来役場がやらねばならない仕事、義務なのである。

★結論

自治会の存在意義について役場側は、「地域の輪を広げるため」とか「助けあいのため」とか、いかにも綺麗な屁理屈を捏ねるが、結局は自治会にお金と労働力を出させることで役場が自らの負担を減らし、自分たちの高い給料や手厚い待遇を維持したいからに過ぎない。

よって自治会に加入することはハッキリ言って無駄であると断言できる。

それどころか、こういう役場の息が掛かった自治会の存在こそが、地区の和を乱す元凶になっていることがしばしばだから、地区の住民同士の関係をギスギスさせたくなければ、自治会なんてものは廃止した方がいいと思う。

★追記:2012-02-08

町内会を脱会した奴いる?にて興味深いレスを発見。

101 :名無しの権兵衛さん[sage]:2011/10/16(日) 08:21:31.54 ID:Dehv4qri
連合軍が町内会(隣組復活)のきっかけになった共同募金さえ持ち込まなければ、少なくともこれほど陰湿な「奴隷制」にはならなかったのかもしれないけどね・・・
戦後の町内会は、出発点からして役人組織(社会福祉協議会)のための徴用・恐喝組織で、その性質を現在までそのまま受け継いでしまっているんだよね。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/003/0790/00311240790004a.html

地方において強制割当寄継は絶対にやつてはならないという
御意見でございましたが、実際地方の実情は、一旦解散いた
したはずの隣組の形式をまた復活させたかの観を呈するよう
に、かつての隣組長であつた者を通じまして、各戸に割当強制
寄付の要求が参つていることも事実でございます。


日本に共同募金みたいな役人組織が大好きな「税金外で好き勝手に使えるみかじめ料」を持ち込めばどうなるか、わからなかったのかw
連合軍は一度は隣組を解散させたのに、ある意味隣組以上に陰湿な奴隷制を作ってしまった。

役人が国民から搾取するための戦前の組織が今だに温存されてたってことか。自治会っていうのはやっぱり胡散臭い組織だわw

てことは、自治会加入者を増やそうと必死な一部の住民は、仮面ライダーでいうところの悪の手先「ショッカー」みたいなもんかw


--
人気ブログランキングへ
アマゾンでネットショッピング
posted by プロ暇人 at 22:59 | Comment(42) | TrackBack(0) | 自治体と上手に付き合う