2013年07月20日

7月中旬の畑:山東菜の採種など

山東菜の薹が立って菜の花畑みたくなってきた。

20130718_santosai1.jpg

わが家の菜っ葉類の収穫は株ごと引っこ抜かずに葉っぱだけをちょこまかと収穫する山菜採り方式なんだが、もう食べる箇所は殆どなくなってきたし畑の邪魔にもなってきたので、そろそろぶっこ抜いて採種することに。

20130718_santosai2.jpg

ぶっこ抜いた株は畑にそのまま放置して乾燥させておく。

20130718_santosai3.jpg

すっきりさっぱり。

20130718_santosai4.jpg

山東菜を抜いた跡地をテキトーに耕してから、先に採取しておいた白菜の種を蒔く。
鞘ごとテキトーにばら撒いて、テキトーに踏みつけておく。
この白菜は生ゴミから再生して越冬したやつだが、一代交配種かもしれない。さてどんなのが芽生えてくるのか。とりあえず実験である。
山東菜の種も大量に採種できそうなので、今蒔いた白菜と混播してみるのも面白そうだ。

20130711_negi.jpg

貰った葱がワサワサと分蘖してきたので本格的に移植してみた。
葱とかワケギとかニラといった、いわゆる香味野菜は料理でとても重宝するので、もっともっと増やしたいトコロだ。
posted by プロ暇人 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71122014

この記事へのトラックバック