2013年06月13日

6月中旬の畑の様子。

日照り続きの今日このごろ。
気持ちのよい晴天が続くのはいいけれど、畑の野菜たちが枯れないか少々心配である。
だからって水遣りはしてない。この環境に耐えられる奴らだけを選別して育てる、ある意味スパルタ農法を実践しているからだ。


20130429_hatake.jpg

これは4月末時点の畑。
これが今は、、、

20130613_hatake.jpg

こうなった。
奥の左の黄緑色の葉物が山東菜、奥の右の緑色の葉物が野沢菜、手前右の畝がキャベツとレタス、手前左がジャガイモ。

20130613_wasabi.jpg

強烈な辛味があるワサビ。
根っこを摺りおろして食べる。
葉ワサビとは辛さも見た目も違う。

20130613_toramame.jpg

虎豆。
種屋で買った枝豆よりも生育が早いし、虫にも断然強い。
流石は地元の農家が温めてきた固定種だけのことはある。

20130613_tomato_toramame.jpg

トマトと虎豆の混生栽培。
うんち堆肥から勝手に生えてきたトマトと固定種虎豆。
強いやつ同士でかち合ってしまうのか、それともうまく共生してくれるのか、実験である。

20130613_suica.jpg

去年食べたスイカの芽?

20130613_okura.jpg

オクラは思ったとおり生育が遅い。
やっぱり寒いからだろうな。

20130613_nazo.jpg

貰った謎の菜っ葉(ベビーリーフ?)の茎を植えておいたら、いつの間にかこんなに茂った。

20130613_jagaimo.jpg

相変わらずジャガイモは強いね。

その他にもカボチャ、堆肥から出てきたメロン(?)、ニラなどが順調に育っている。
浅葱は最近急に成長が止まり、ネギ坊主が顔を出してきた。シベリアでも育つほど寒さに強いが、やっぱり暑さには強くないみたいだ。
タグ:家庭菜園
posted by プロ暇人 at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69366007

この記事へのトラックバック