2012年12月01日

ロケットストーブで炊事生活が進歩

これまでは石でテキトーに組んだ竈で毎日の料理を行なっていたのだが、火力調整などの効率の悪さからそろそろ限界を感じていた。

というわけで、今回は遂にあのロケットストーブを製作することに。

使う材料は、エンジンオイルなどのペール缶、ストーブの煙突のL型とストレート、金切鋏、ドリル、そして断熱材となる火山灰(軽石)である。ペール缶はガソリンスタンドで廃棄のものをゲットし、ストーブの煙突は貰い物、火山灰は知り合いの山に行けばなんぼでも手に入るので、結局材料費自体はタダみたいなものである。

20120822_rocketstove1.jpg

まずはペール缶に煙突のサイズの穴を空ける。
ペンで煙突の円周を型どって、ドリルで金切鋏を入れるための穴を空ける。

20120822_rocketstove2.jpg

20120822_rocketstove3.jpg

こんな感じで金切鋏で切っていく。

20120822_rocketstove4.jpg

切り口を内側へ織り込んだら、

20120822_rocketstove5.jpg

煙突のストレートとL型を接続したものを入れて、回りを火山灰で埋めていく。

20120822_rocketstove6.jpg

五徳替わりに石を並べて完成。

初めのうちは火力が弱いためヤカンなどに煤が付くが、火力が上がってくると出口付近の煤が燃えて白くなる。

このあと、薪の投入口に鉄板を横向きに入れてやると火力が増すと聞いたので、やってみたら確かに火の勢いが増した。おそらくこの鉄板には薪が吸気の邪魔をするのを防ぐという狙いがあるのだろう。ちなみに自分は「鉄板」の代わりに、空のカセットガスボンベを分解してハンマーで平にしたものを利用している。


ロケストのお陰で、焚火の時よりもお湯を沸かすのやご飯の炊きあがりが断然早くなった。今となっては、4.1Kwの強化力カセットガスコンロ「イワタニ カセットフー ボー CB−AH−35【業務用】」よりも重宝している。

このロケスト、今は屋根付きの調理場で活躍中である。
屋根付き調理場とロケストは、わが家の自炊生活にとっての大変大きな進歩である。


20120822_meshi.jpg

ロケストで炊いた玄米ご飯と夏野菜の炒め物。
この写真の玄米ご飯は、水加減と火加減に失敗して少しべちゃべちゃだったが、このあと回数を重ねるごとに最適な水加減と火加減で美味しい玄米ご飯が炊けるようになったのであった。


--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ


posted by プロ暇人 at 16:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロケットストーブ
この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして
ロケットストーブを検索していてここ見つけました。自分は今シーズンから自宅でロケットストーブを暖房用に使い始めた者です。
プロ暇人さんの調理場ならロケットストーブはもってこいですね。排煙とか考えなくて良いですものね。
ブログを最初から拝見しましたが高いDIYスキル感じました。
あと、暖房用のロケットストーブを作るにはプロ暇人さんの周りは良い環境ですね。
薪は当たり前ですが断熱用の火山灰、蓄熱用の石など、きっと粘土などもあるのでしょうね。 
いつか製作されることを楽しみにしています。
これからもブログ楽しみにしています。今後とも宜しくお願いします。
Posted by E3 at 2013年03月23日 20:44
E3さん、はじめまして。

>ロケットストーブを検索していてここ見つけました。自分は今シーズンから自宅でロケットストーブを暖房用に使い始めた者です。

ロケットストーブは火の管理が簡単で便利ですよね。
着火もしやすくて、石を適当に組んだだけの竈より断然いいですね。

>ブログを最初から拝見しましたが高いDIYスキル感じました。

ありがとうございます。
そういっていただけるとこのDIY系?ブログをやってる甲斐があります。

>薪は当たり前ですが断熱用の火山灰、蓄熱用の石など、きっと粘土などもあるのでしょうね。 

火山灰や石などはなんとかなりますが、粘土だけはいまのところ手に入らなそうです。
粘土で陶器とか作ってみたいので、どこかで入手できないか探しているんですけどね。まー焦らずゆっくり探していきます。

ところでE3さんちもなかんか面白そうなブログですね。
ブックマークに入れておいてあとでゆっくり拝見させてもらおうと思います。

Posted by プロ暇人 at 2013年03月24日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60441164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック