2012年11月17日

調理場をセルフビルド Part.2

前回からの続き。

2012-08-21_pagora1.jpg

パーゴラ風調理場を拡張。
例の「サンドイッチ工法」は屋根の増設が簡単で良い。

2012-08-21_pagora2.jpg

横垂木を這わせて、

2012-08-21_pagora3.jpg

ポリカ波板を貼り付ける。
これで2坪ほどの屋根付き調理場が完成。
薪で料理する時はいつも青空料理状態だったので、これで雨が凌げるのは非常に嬉しい。

2012-08-22_pagora4.jpg

2012-08-22_pagora5.jpg

2012-09-03_pagora6.jpg

2012-11-03_pagora7.jpg

ちょっと工夫してカウンターを作ってみた。

ちなみに奥にあるのは石畳風の洗い場兼青空シャワー室である。
両サイドを雑草藁で囲って風よけと目隠しにしている。
夏の間はここで体を流したりした。
不思議なもので、慣れると下手な銭湯へ行くよりも体が爽快になれる。

2012-11-03_pagora9.jpg

ピクルスなんかを並べてみると、なんだかバーみたいで良い感じ。

2012-11-03_pagora8.jpg

ちょこちょこ改良して今はこんな感じ。
当初はパーゴラ風だったのが、だんだん普通の小屋っぽくなってきている。

今後も少しづつ改良するかもしれないが、とりあえず調理場はこれで完成ということで。



--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
アマゾンでネットショッピング

posted by プロ暇人 at 17:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 住居
この記事へのコメント
ログハウスのセルフビルド講習会にも行ったことがあります。縦にすれば、立派な柱になる木を壁にするのはもったいなく2x4が、セルフビルドにはいいのではないかと思いました。このサイト、次はどんな展開になるのかと興味深々で読ませていただいています。
Posted by ぴゅうた at 2013年06月20日 21:55
ぴゅうたさん

こんにちは。
確かにログハウスって丸太をふんだんに使ってて上部だし断熱性も最高だと思いますけど、やっぱり勿体ない感じしますよね。
そう考えるとやっぱり2x4が手軽ですね。

最近ちょっと腐りかけてるような(誰も欲しがらないような)倒木を使って建築物が作れないかと思案中。
そのプロトタイプとなるソーラーパネル架台が完成したので近々アップしますね。
Posted by プロ暇人 at 2013年06月21日 07:31
とてもためになりました。
近々、勇払郡厚真町の倒壊寸前の建物(元は祖父母の住居、現在は空家)を取壊し、さてそのあとどうしようかと協議中でして・・・。
年に数回、BBQや山菜採りに行く程度なので、工事現場のプレハブみたいのでも用は足りるのですが、それではあまりにもなので自分で作る方法はないかと思案中でした。
プロ暇人さんを真似てチャレンジしてみようかと、真剣に考え始めたところです。
Posted by 小山邦彦 at 2013年08月15日 03:11
小山さん

いらっしゃいませー。
厚真からですか。いいところですね。
確かに、プレハブよりも木材を使って何か作りたいところですよね。何と言っても自分で作ると愛着も湧きますからね。
素敵な「隠れ家」を作ってくださいね。
Posted by プロ暇人 at 2013年08月15日 06:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60109806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック