2012年10月21日

山小屋をセルフビルド Part.10【床の補強と断熱】

前回からの続き

ある程度小屋の外見ができあがってきたので、いよいよ内装に手を付けることにした。
早く室内でごろ寝してみたくてウズウズしていたが、はやる気持ちを抑えつつ慎重に作業を行った。

2012-08-02_benchi.jpg

床に着手する前に、まずは、室内にベンチを設置しておくことにした。
これは収納と椅子を兼用することで、効率良く部屋を使うためである。
ベンチの下には嵩張る布団や洋服などを収納しようと思っている。洋服を下に収納することで下からの冷気も遮断できるのではないかと期待。

2012-08-11_yuka1.jpg

床の補強と断熱も同時進行した。

2012-08-11_yuka2.jpg

2012-08-12_yuka3.jpg

床パネルの間に格子状にツーバイ材を置き、隙間には断熱材を入れた。

2012-08-21_yuka4.jpg

断熱材と言っても、そんな大げさなものではなく、ただ新聞紙を敷いて、その上に不要な服をふかふかにして敷き詰めただけである。

「服」というのは断熱性は勿論のこと、通気性も良くて結露しにくい最高の断熱材だと思っているのだけど、製品としては見かけないのは不思議である。

2012-08-22_yuka5.jpg

その上からOSB材を貼って床の完成である。

たったこれだけの床断熱で明らかに部屋がほんわか温かく(暑く?)なった。北海道の厳しい冬にも多少は効果を発揮してくれそう。


この時までは夜はろうそくの灯りだけで過ごし、なるべく暗くなったらすぐ寝るようにしていたのだけど、そろそろ不便さを感じていたので遂に購入。ネットで話題の「GENTOS LEDランタンEX-777XP」である。

2012-08-25_floor_complete.jpg

とにかく明るい280ルーメン。なのに省エネで連続点灯72時間だそうで。これは買って正解だった。


続く

--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ


posted by プロ暇人 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住居
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59411394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック