2012年04月29日

2012-04-29 車内に網棚を製作

車載している窓断用のスチロールパネルや銀シートなどなど、ちょっと邪魔なアイテムが増えてきたので、ここはひとつ収納スペース(網棚)を作ることにした。

2012-04-29_drill2.JPG

2012-04-29_drill1.JPG

まずは穴あけ。しかも大胆にも内張りシートの上から。だって剥がすの面倒くさかったんだもん。

4mmのドリルビットで小さく穴を開け、その後8mmドリルビットでM4サイズのターンナットが入る大きさ(8.2mm)に拡張する。

ちなみになぜ上の写真は手動ドリルで下の写真は電動ドリルかというと、当初手動ドリルだけで事足りるかと思っていたら、穴を拡張するときの8mmビットが手動ドリルの方には大きすぎてセットできないことがわかったからである。途中で作業を中断し、電動ドリルを物置から引っ張りだす羽目に。初めから電動ドリルでやっておけば良かった。。。

2012-04-29_turnnat1.JPG

2012-04-29_turnnat2.JPG

ターンナットを挿入し、

2012-04-29_ibolt.JPG

アイボルトで締める。

2012-04-29_rear_net.JPG

園芸用支柱の両端に穴を開けて紐を通し、アイボルトに縛り付け、園芸ネットで覆って、脱着可能な結束バンド(タイラップバンド)を使ってネットをピンと張る。これで車内リアの網棚が完成である。

ちなみに園芸用支柱、ネット、結束バンドは全て100円ショップの園芸コーナーで購入したもの。

2012-04-29_front_net.JPG

運転席の頭上にも網棚を作成。

これで車内もかなりすっきりした。

今回使った材料は、M4サイズのターンナット6個(600円弱)、M4サイズのアイボルト6個(600円弱)、園芸用支柱3本(315円)、支柱用ネット2枚(210円)、結束バンド(105円)で、材料費は合計で2000円しないくらい。この程度の出費で便利な網棚ができたので、自分的には大満足である。


作業工程をブログに書いてみると、結構あっけなく完成しているように見えるが、実際は試行錯誤しながらの作業で丸一日掛かっている。時間が思いの外掛かってしまった理由として、今日は気温が高く(といっても外の気温は20数度だが)、車内温度計を見るとなんと35度近くだったため、作業中に頭がぼーっとしてちょくちょくタイムトリップしていたというのもある。更に先日敷いた車中泊マットがあまりにも心地良くて迂闊にも横になってしまい、2時間ほどロスしてしまったというのも理由の一つである。




ターンナットはホームセンターで買うと品揃えが悪かったり、そもそも置いてなかったりするので、ネットでさくっと買うのが吉だ。


アイボルト(ミリネジ) IB-4m
水本機械製作所
売り上げランキング: 85252


アイボルトに関しては今回はホムセンの安物を使ったが、本当は見た目も良くて錆びないステンレス製のこっちを使いたかった。余裕ができたらこっちに買い換えよう。


--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
アマゾンでネットショッピング

posted by プロ暇人 at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55583436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック