2012年10月27日

山小屋をセルフビルド Part.11【ドアと窓の仕上げ】

前回からの続き

床の補強が済んだので、次は窓とドアの仕上げにかかろうと思う。
現状ではドアと窓に取っ手がないし、ラッチも装着されていないので、風が吹くと勝手に開いてしまう状態である。

2012-08-10_mado1.jpg

わが家では非常用にカセットガスを買い置きしてあるのだが、その使用済みのカセットガス缶を分解し、玄翁で叩きながら一枚の鉄板にし、

2012-08-10_mado2.jpg

さらにくるくると丸めて棒状にし、再び玄翁で平に叩き潰してプレート状にしたら、両サイドにドリルでネジ穴を開ける。

2012-08-10_mado3.jpg

材料費ただの取っ手の出来上がり。
この後、室内用の白ペンキで塗装し、鍵を付けた。鍵といっても、取っ手と窓枠に付けたアイボルトに棒を一本差し込むだけの簡単なものである。


2012-08-18_door1.jpg

次はドアにラッチを仕込む。
これもまた、ラッチといっても、ドア用のしっかりしたものではなく、トイレのドアなどに使われるような、数百円で買える安物である。
これでも風でドアが開かなければそれでいいのだ。

2012-08-18_door2.jpg

オスを仕込むドア側に玉が沈む深さだけ穴を掘る。

2012-08-18_door3.jpg

ネジで止めてオス側が完成。

2012-08-18_door4.jpg

メス側は付属の金属プレートを付けるだけだが、隙間幅を微調整するために端材の板を挟んでみた。

2012-08-18_door5.jpg

ドアの取手には拾ってきた流木。
これがまた良い感じにドアにマッチした。
つや消しのニスを塗ると更に味わい深くなった。

2012-08-11_meshi.jpg

8月も中旬。
知り合いからもらった野菜で野菜炒め三昧の日々である。
相変わらずの焚火生活だが、飯を炊く火加減がだんだんうまくなってきた気がする。
余裕ができたらそのうちロケットストーブを設置したいと思っている。

続く

--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
アマゾンでネットショッピング

posted by プロ暇人 at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住居

2012年10月21日

山小屋をセルフビルド Part.10【床の補強と断熱】

前回からの続き

ある程度小屋の外見ができあがってきたので、いよいよ内装に手を付けることにした。
早く室内でごろ寝してみたくてウズウズしていたが、はやる気持ちを抑えつつ慎重に作業を行った。

2012-08-02_benchi.jpg

床に着手する前に、まずは、室内にベンチを設置しておくことにした。
これは収納と椅子を兼用することで、効率良く部屋を使うためである。
ベンチの下には嵩張る布団や洋服などを収納しようと思っている。洋服を下に収納することで下からの冷気も遮断できるのではないかと期待。

2012-08-11_yuka1.jpg

床の補強と断熱も同時進行した。

2012-08-11_yuka2.jpg

2012-08-12_yuka3.jpg

床パネルの間に格子状にツーバイ材を置き、隙間には断熱材を入れた。

2012-08-21_yuka4.jpg

断熱材と言っても、そんな大げさなものではなく、ただ新聞紙を敷いて、その上に不要な服をふかふかにして敷き詰めただけである。

「服」というのは断熱性は勿論のこと、通気性も良くて結露しにくい最高の断熱材だと思っているのだけど、製品としては見かけないのは不思議である。

2012-08-22_yuka5.jpg

その上からOSB材を貼って床の完成である。

たったこれだけの床断熱で明らかに部屋がほんわか温かく(暑く?)なった。北海道の厳しい冬にも多少は効果を発揮してくれそう。


この時までは夜はろうそくの灯りだけで過ごし、なるべく暗くなったらすぐ寝るようにしていたのだけど、そろそろ不便さを感じていたので遂に購入。ネットで話題の「GENTOS LEDランタンEX-777XP」である。

2012-08-25_floor_complete.jpg

とにかく明るい280ルーメン。なのに省エネで連続点灯72時間だそうで。これは買って正解だった。


続く

--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ


posted by プロ暇人 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住居

2012年10月13日

山小屋をセルフビルド Part.9【サイディング】

前回からの続き

8月もいよいよスタート。
このあたりも昼間は暑くなってきたよ。

今回は、壁にサイディングを貼る工程である。
サイディングには壁のコンパネを風雨から保護と見た目を良くする目的がある。他にも「断熱力アップ」も期待できるんじゃないかと。

2012-08-02_siding1.jpg

サイディング材には幅180mmで厚さ12mmの幅広板を使った。
サイディング材の貼り方は、いわゆる「鎧張り」というやつである。壁のコンパネまで雨が直接染み込まないように、板同士を少し重ねて貼り付けてある。

2012-08-02_siding2.jpg

2012-08-02_siding3.jpg

2012-08-02_siding4.jpg

黙々と壁のサイズに合わせて幅広板を切り、そして貼り付けた。

サイディングに使う幅広板は使う量が半端ないので、いつものホムセンも在庫がすぐに底をつく。入荷するまでの時間がかなりのロスだった。
材料が入荷するまで何もしないというのも時間がもったいないので、塗装作業も併行した。

というわけで、サイディングの貼り付けに掛かった時間は一週間ほど。ホムセンの入荷待ちという余計な時間ロスがなければ3日もあればできただろう。

それにしてもサイディングを貼っただけでもだいぶ見栄えが良くなるもんだね。
なんだかそれっぽくなってきたよ。

2012-08-02_siding5.jpg

うちのちびっこ大工とコーヒーブレイク。



ところで、今回のエントリーから急に画質が悪くなったことに気づいた人はいるだろうか。
そう、携帯電話のカメラ機能で写真を撮影しているからである。
なぜ今までのようにデジカメを使わないのかというと、デジカメ内部に汗でも浸透してしまったのか、不運にもこの日からデジカメが故障してしまったからである。
というわけで、デジカメを修理しようか、新しく購入しようか、携帯電話のカメラでお茶を濁そうか迷っている今日この頃である。
まーしばらくは携帯電話のカメラを使い続けることになりそうかな。

続く

--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
アマゾンでネットショッピング

posted by プロ暇人 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住居