2011年12月31日

2011-12-31 練炭コンロで餅米を蒸す

我が家では大晦日には正月用の餅を作る。

例年はおせち料理も作るのだが、今年は、焼いた餅やお汁粉、雑煮だけにする予定。なぜなら忙しかったから、、、というのは嘘で、本当は単純に面倒くさかっただけ。まあ、そんな年もたまにはいいだろう。

というわけで、まずは餅米を蒸すことに。

2011-12-31_rentan1.JPG

2011-12-31_rentan2.JPG

ここで練炭コンロの登場。

折角の練炭コンロだし、練炭を燃料にしたいところだが、コストパフォーマンスの面で豆炭を使う。豆炭がどれくらいコスパが良いかというと、ホームセンターで12kg入り980円の豆炭は一粒4円弱。これが3〜4時間燃焼する。今回は4粒使ったから計16円の燃費。これなら煮物や湯沸しも怖くない。

ちなみに豆炭ではなく練炭の場合だと、練炭1個で10時間程持つが、一個辺り凡そ150円程掛かるので、ちょっとだけ使いたいときにはコスパが悪い。もう少し安くなれば積極的に使ってもいいかもしれない。

ただし、豆炭を練炭コンロで少量だけ使う場合、コンロの底のほうで燃えることになり非常に熱効率が悪い。そこで、写真のように側面に穴を開けた空き缶で上げ底をする。練炭コンロの上げ底をするにはコーンの缶がちょうどいい高さである。

2011-12-31_rentan3.JPG

豆炭は木炭と違って着火に火力が必要なため、側面に穴をたくさん開けた粉ミルク缶を使ってそこらへんに落ちている木くずを燃やし、そこへ豆炭を放り込んで着火させる。だいたい5分もあれば着火する。

2011-12-31_rentan4.JPG

これくらい表面が灰色っぽくなればOK。

2011-12-31_rentan5.JPG

10分ほど放置すると練炭コンロの中で豆炭が煌々と燃え始める。この時点で上蓋部分はお湯を沸かせるレベルまで熱くなっている。

2011-12-31_rentan6.JPG

餅米と少々の水を圧力鍋に入れてセット。
ちなみに圧力鍋は光熱費節約の必須アイテムである。

2011-12-31_mochi1.JPG

練炭コンロの吸気口を絞って弱火にし、1時間程圧力を掛けるといい感じに蒸し上がる。

蒸しあがった餅米を餅にするわけだけど、我が家には杵や臼なんて気の利いたものはないので、すり鉢と麺棒と気合で餅に擦る。かなりいい筋トレになるから(笑)

2011-12-31_mochi2.JPG

ふぅ。
まだ若干米粒が残っているが食感は悪くないので今日はこのへんにしといてやろう。

2011-12-31_mochi3.JPG

さて餅を丸めて、片栗粉の粉をふって完成、、、って、ちょっと餅の水分が多すぎて非常に歪な形に。まあ味と食感は悪くないので、これで良しとする。

この後、再び餅米を摺り潰す工程を繰り返すことで、上腕二頭筋がキレそうになった。今は腕をプルプルさせながらキーボードを叩き、ブログを更新している。そんな大晦日も決して悪くない。

それでは皆様、来年も良いお年を。


パール金属  エコクッカー 3層底 片手圧力鍋 3.5L H-5142
パール金属
売り上げランキング: 216



--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
アマゾンでネットショッピング

posted by プロ暇人 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 割とどうでもいいネタ

2011年12月27日

2011-12-27 野沢菜漬け

今年も残すところあと僅かですな。

大晦日といえば巷では「紅白歌合戦」なのだろうが、あいにく我が家にはテレビがない(笑)

まあテレビがあったとしても紅白は見ないだろうな。AKBだか韓流だか知らないが、テレビの中で必死に媚を売る芸能人って、なんだか見ているこっちが辛くなる。それって自分だけ?

閑話休題。

2011-12-27_nozawana1.JPG

一週間前、家庭菜園の野沢菜を一気に収穫してみた。霜や雪に晒されて良い感じに萎れてた。

2011-12-27_nozawana2.JPG

収穫した野沢菜は全て冬場の保存食として野沢菜漬けにすることに。霜にやられて萎れているくらいが野沢菜漬けには良いらしい。

テキトーに水洗いし、塩で揉んで味噌樽の中へぶち込み、重石を乗せておくだけの簡単なお仕事。

2011-12-27_nozawana3.JPG

数日でこのとおり、野沢菜漬けが食べられる。
これはまだ浅漬の状態だが、樽の中でさらに発酵させれば、味も徐々に濃厚になってさらに美味くなる。

そのままご飯の上に乗せて食べても十分美味いが、軽く醤油を垂らして食べると、それはそれでまた美味い。

ちなみに我が家では、刻んでおにぎりの具にするのがローカルブームとなっている。


--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
アマゾンでネットショッピング

posted by プロ暇人 at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭菜園

2011年12月23日

2011-12-23 新鮮なイカとアワビ

2011-12-23_ika_awabi1.JPG

知り合いの漁師に獲れたてのイカとアワビを貰った。
せっかくなので新鮮なうちに食すことに。といっても寄生虫が怖いので、軽く冷凍殺虫しておいた。

2011-12-23_ika_awabi2.JPG

「イカの寿司」と「イカの山葵醤油和え」、そして「アワビのバター醤油焼き」である。

上の写真にはないが、イカの肝も有効活用し、醤油と酒と酢で「イカ肝のたまり漬け」に。ただいま冷蔵庫で熟成中である。今から食すのが楽しみでしかたがない。

新鮮なイカやアワビというのは生臭さや磯臭さが皆無だ。こういう新鮮な海の幸ばかり食べてるとスーパーに並んでいる生臭い海産物にわざわざ金を出して食べようという気にならない。

生活するならやっぱり海の近くが最高だな。


--
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
アマゾンでネットショッピング

posted by プロ暇人 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理